包茎とは、皮が被った状態の陰茎のことです。
男性は生まれつき包茎ですが、大人になるにつれて皮が剥けてむき出しの状態になります。
しかし実は、日本人男性は大人になっても60~70%の人は包茎のままだと言われています。
よって自分ばかりがというわけではありませんが、子供=包茎のイメージが強いため、大人の男としてはあまり良い状態ではありません。

また、包茎であると陰茎が不衛生になりがちですので、性病のリスクも高まります。
これは男性のみならず、性行為を行う相手の女性へも同じリスクを与えてしまいますので、性病へのリスクを減らすために包茎手術を受けた方がいいでしょう。

包茎には大別して真性包茎、仮性包茎、カントン包茎があります。

真性包茎は正常時・勃起時に関係なく皮が被った状態、仮性包茎は正常時は皮をかぶっていますが自分で剥いたり勃起時には剥ける状態、カントン包茎は皮が癒着してしまい剥けない又は剥きにくい状態のことをいいます。
このうち、包茎手術が勧められるのは真性包茎とカントン包茎です。

皮が常にかぶっていたり、剥きにくかったりすることで、皮をむいて陰茎を洗うということができません。
そのため真性包茎やカントン包茎は臭いや不衛生を引き起こし、亀頭包皮炎、尿路感染症、ヘルペス、クラミジアなどの病気になりやすいと言われています。

包茎手術を受ける際の受診科目は泌尿器科、皮膚科、美容外科などで行うことが可能です。
健康保険適用の医療機関なら真性包茎またはカントン包茎の場合は保険が使えるため、安く手術を行うことが可能です。
ただし術後の仕上がりを重視したいのなら、保険適用外ですが美容外科クリニックを選択する方もいます。